【レビュー】RAVPOWER RP-PC133はコンパクトだけど高出力かつ機能的な充電器

どうも!わてぃー(@waty_challege)です。

悩んでいる人

MacBook純正の充電器も良いけど、もっとコンパクトで高出力の充電器ないかな?

【結論】RAVPOWERの充電器 RP-PC133がおすすめ。

なぜならこの充電器は65Wと高出力なんですが、コンパクトな大きさで、さらに2台同時に充電できるからです。

わてぃー

私もMacBook Airの充電器で使ってるんですが、充電スピードが早くて、同時にiPhoneを充電することもできるので、使い勝手が良いんです。

この記事では、RAVPOWER RP-PC133の充電器の特徴MacBook Air純正の充電器との比較もしながら解説していきます。

この記事を読めば、RAVPOWERの充電器の良さApple純正品との違いについて分かるようになりますよ。

RAVPOWERとは?

2011年にアメリカで発足され、モバイルバッテリーやUSB充電器などを中心としたパワーサプライ製品を世界各国で展開

公式HPより引用
目次

RAVPOWER RP-PC113の特徴

今回私が買ったのは、RAVPOWERのRP -PC113というタイプ。

Amazonのブラックフライデーのセールで安くなっていたので、思い切って買ってみました。

入っているものはとってもシンプルで、充電器本体と説明書のみです。

そんなRAVPOWER RP-PC113を実際に使ってみた感じた特徴は、次の3つです。

RP-PC113の特徴
  • 65Wと高出力なので、充電スピードが速い
  • コンパクトなサイズ感
  • 2台同時に充電できる
  • 最適な電力配分をしてくれる

私が持っているMacBook Air(2020年3月購入版)付属の充電器とも比較しながら、一つずつ解説していきます。

65Wと高出力なので、充電スピードが速い

RP-PC113は65Wと高出力なので、MacBookやiPhoneなどの充電スピードがめちゃめちゃ速いんです。

私が使っている「MacBook Air」と「iPhone8」を早速充電してみた結果は以下の通り。

デバイス名バッテリー残量充電時間
MacBook Air(2020年版)9%→100%1時間33分
iPhone80%→94%1時間33分
MacBook AirとiPhone8を同時に充電した場合

お使いの機器の状態や環境によって、充電時間は変わってくるとは思いますが、2台同時に充電してもこのスピード。

今までの充電器だと倍近くかかっていた充電時間が、かなり短縮されたので、とっても助かっています。

わてぃー

単体で充電すれば、もっと速く充電できますね。

ちなみにその他のデバイスの充電時間の目安がAmazonのHPに記載してあったので、参考にしてみてくださいね。

充電目安時間(0%→100%)

MacBook Pro 15インチ (2018):約2時間8分(20V)

iPhone 11:約1時間49分(9V)

iPhone XR:約1時間44分(9V)

iPad Pro (2018 / 11インチ):約2時間15分(15V)

Galaxy Note 9:約1時間46分(9V)

※使用環境によって、充電時間が異なることがございます。

AmazonのHPより引用

コンパクトなサイズ感

RP-CP113はとってもコンパクトなサイズなのが魅力です。

私が持っているMacBook Air付属の充電器(出力は30W)とほぼ同じ大きさなんですが、出力はなんと2倍

右側がMacBook Airに付属している充電器

横幅が若干大きいですが、ほぼサイズは変わらなくて、重さもほぼ同じなんです。

MacBook Airの付属品と比べると次の通りです。

RP-PC113
MacBook Airの付属品
  • 出力:65W
  • 重さ:120g
  • ポート数:2つ
  • 出力:30W
  • 重さ:105g
  • ポート数:1つ

2台同時に充電できる

RAVPOWERのRP-PC113は2ポート付いているので、2台のデバイスを同時に充電できるんです。

なので、MacBook Airを充電しながらiPhoneなどを同時に充電することができちゃいます。

MacBook Air付属の充電器だと1ポートしかないですが、RP-PC113は2ポートあるので、便利ですよね。

ちなみに2ポートは「USB-Cタイプ」と「USB-Aタイプ」が一つずつとなっています。

「USB-Cタイプ」が付いていることはもちろん嬉しいですが、もう一つのポートが「USB-Aタイプ」となっているのもグッドポイント。

特にiPhoneを充電するライトニングケーブルだと、下の図のように「USB-Aタイプ」となっていることが多いですよね。

わてぃー

私も「USB-Aタイプ」のケーブルばっかりあるので、助かっています。

上の写真のようなケーブルを持っている人でも、RAVPOWERのRP-PC113で充電できるので良いですよね。

最適な電力配分をしてくれる

RP-PC113は接続したデバイスに応じて、最適な電力配分をしてくれる優秀な充電器なんです。

この充電器には、”RAVPowerの独自技術PD Pioneer Technology”が搭載されているので、接続したデバイスに応じた電力配分をしてくれます。

わてぃー

これなら安心ですよね。

ちなみにこの充電器の対応機種は次の通りです。

対応機種

MacBook/Huawei Matebook/DELL/HP/ iPhone XS /iPhone 8/iPhone 8 Plus/ iPad Pro / Google Pixel/Sony/Nintendo SwitchをはじめとするType C対応デバイスに最大65Wの出力で急速充電可能です。

AmazonのHPより引用

まとめ

RAVPOWERのRP-PC113は、コンパクトながらも65Wと高出力なので、充電スピードが速くなるし、さらに2ポートあるため、2台のデバイスを同時に充電できちゃう優秀な充電器です。

そんなRAVPOWERの充電器の特徴をまとめると、次の4つ。

  • 65Wと高出力なので、充電スピードが速い
  • コンパクトなサイズ感
  • 2台同時に充電できる
  • 最適な電力配分をしてくれる

もしあなたがMacBookやiPhoneの純正充電器しか持ってないのなら、RAVPOWERの充電器は一つ持っておいて損なし

充電器自体の大きさもコンパクトで、持ち運びもしやすいです。

ぜひこの記事を参考にして買ってみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました〜

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

わてぃーのアバター わてぃー 副業ブロガー✖️ラジオパーソナリティー

20代後半のサラリーマンです。平凡なサラリーマンからの脱却を目指して、ブログや音声配信に挑戦しています。
サラリーマンでもできる副業情報やおすすめのガジェットについてご紹介していきますよ

コメント

コメントする

目次
閉じる