【必見】今日からあなたもHimalayaでラジオを始めよう!

どうも!わてぃー(@watalog2020)です。

悩んでいる人

音声配信アプリって色々たくさんあるけど、結局どれがおすすめなの?

という風に思っていませんか?

【結論】自分でも簡単に音声が配信できるHimalaya(ヒマラヤ)がおすすめです

なぜなら、豊富なジャンルの音声コンテンツが聴けて、自分でも簡単に音声コンテンツを配信することができるからです。

この記事では、Himalayaで出来ること音声コンテンツの配信方法について解説していきます。

この記事を読んで、あなたも今日からHimalayaでラジオを配信していきましょう。

目次

Himalaya(ヒマラヤ)とは?

Himalayaとは、ビジネス、経済、語学、自己啓発、コメディなど様々なジャンルの音声コンテンツを配信している音声のプラットフォームです。

日本では、2017年9月にスタートしていて、現在では

  • チャンネル数は、20,000以上
  • エピソード数は、50,000以上

というように急成長しています。

ちなみに、Himalayaはもともと中国で大ヒットしている音声プラットフォームなんです。

「himalaya」は、中国で6億以上のダウンロード数、月間1億2,000万以上のアクティブユーザー数を誇る巨大音声プラットフォーム『喜馬拉雅(シマラヤ)FM』の日本版サービスです。

HimalayaのHPより引用

Himalayaプレミアムという有料サービスもある

Himalayaは基本的に無料で使えるんですが、一部のオーディオブックは有料プランに加入することで聴くことができます。

1万タイトル以上のオーディオブックが、たったの月額750円で聴けちゃうので、お得すぎます。笑

他のオーディオブック配信サービスでも、これだけの品揃えで・月額750円というのはありません。

今なら7日間無料で使えるので、ぜひ試してみてください。

himalayaプレミアム

Himalayaと検索してダウンロードしてみよう

Himalayaは、App StoreもしくはGoogle Playから「Himalaya」と検索することで、出てきます。

ダウンロードが完了したら、メールアドレスを登録すれば、すぐに使用することができますよ。

わてぃー

もちろん登録は無料です

Himalayaで配信してみよう

Himalayaをダウンロードできたら、ぜひ自分のチャンネルを開設して、配信をしてください。

Himalayaで自分で音声を配信する際、審査などは必要ありませんので、スマートフォン1台あれば、誰でも配信することができます。

ちなみに配信の方法もとっても簡単で、次の2通りあります。

  • Himalayaアプリ内の「録音」ボタンから直接配信する
  • スマホのボイスレコーダーで録音した音声をパソコン経由で配信する

一つずつ解説していきますね。

Himalayaアプリ内の「録音」ボタンから直接配信する

Himalayaアプリ内にある「録音」ボタンから録音して、そのまま配信することができます。

アプリのプロフィールの「録音」から収録できる

アプリでは最大10分間録音することが可能で、録音を途中で止めることも可能。

タイトルの編集については、公開後にしかできないので、注意が必要です。

Himalayaの録音画面

スマホのボイスレコーダーで録音した音声をパソコン経由で配信する

パソコンが必要となるんですが、スマホのボイスレコーダーで録音した音声を配信することができます。

個人的には、こっちの方法がおすすめです。

なぜなら、音声の編集が出来るから

僕はiPhoneにもともと入っている「ボイスメモ」アプリを使って、録音しているのですが、このアプリだと録音を好きな場所から再録音することが可能

iPhoneのボイスメモなら、再録音やトリミングが可能

他にもトリミングすることも可能なので、とても便利なんです。

なので、Himalayaを始めようと思っていて、iPhoneユーザーなら、「ボイスメモ」を使って録音することをおすすめします。

録音したものを配信するためには、パソコンが必要となるので、その点だけ注意してくださいね。

Himalayaで配信する際の注意点

Himalayaのアプリ版では、自分のプロフィールの編集などができないので、注意してください。

わてぃー

プロフィールの紹介文やチャンネル名の下に表示される”キャスター名”も、アプリ版からは編集できません。

編集をする場合は、パソコン版のHimalayaのページ(Himalayaスタジオ)を開く必要があります。

自分のプロフィール欄に関して、アプリ版だと出来ること・出来ないことをまとめると、次のような感じです。

Himalayaアプリで出来ること・出来ないこと(プロフィール欄)

アプリ版で出来ること

  • プロフィール画像の追加・変更
  • エピソードタイトルの変更
  • チャンネル名の編集
  • SNSへのシェア
  • エピソードの削除

アプリ版で出来ないこと

  • キャスター名、チャンネル紹介文の編集
  • カテゴリの変更
  • 詳細な分析結果の確認

ちなみに、パソコン版のHimalayaページなら、自分のチャンネルのアクセスを詳細に確認することができます。

どれくらいの時間聞いてもらっているのかどこの国から聴いているのか、など結構詳細に分かるので、楽しいですよ〜

まとめ

Himalayaは、色んなジャンルの音声コンテンツを聴くことが出来るだけじゃなくて、自分のチャンネルも簡単に解説できちゃう便利な音声プラットホームです。

音声メディアは今とても注目されていて、今後伸びていく可能性がある分野ですよね。

自分でも音声配信を考えている人にとっては、Himalayaが使いやすく、誰でも配信できる(配信にあたり審査がない)ので、おすすめです。

わてぃー

皆さんも空いた時間を使って、どんどん発信していきましょう。

私もHimalayaでラジオ配信してますので、ぜひ良かったら聴いてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

わてぃーのアバター わてぃー 副業ブロガー✖️ラジオパーソナリティー

20代後半のサラリーマンです。平凡なサラリーマンからの脱却を目指して、ブログや音声配信に挑戦しています。
サラリーマンでもできる副業情報やおすすめのガジェットについてご紹介していきますよ

コメント

コメントする

目次
閉じる