【必見】迷ったらApple Watch はGPSモデル一択です

どうも!わてぃー(@watalog2020)です!

困っている人

・Apple Watchは「GPSモデル」と「セルラーモデル」って2つあるけど、どう違うの?
・Apple Watchは結局、どっちのモデルを買えばいいの?

というように悩んでいませんか?

結論としては、どちらのモデルを買えば良いか迷っている方やApple Watchを初めて購入する方は、GPSモデルを買うべきです。

なぜなら、私自身GPSモデルのApple Watchを半年ほど使用していますが、セルラーモデルの機能を必要だと感じた場面が全くなかったからです。毎日快適に使っています。

この記事では

  • セルラーモデルとGPSモデルの違い
  • セルラーモデルではなく、GPSモデルで十分だと思う理由

についてお伝えしていきます。

この記事を読み終えると、Apple Watchはどっちのモデルを買えば良いのか分かるようになります。

目次

セルラーモデルとGPSモデルの違いとは?

セルラーモデルとGPSモデルの違いを一言で言うと、Apple Watch単体で通信が出来るか出来ないかということです。

GPS + Cellularモデルとは?

Apple Watch Series 5(GPS + Cellularモデル)は、GPSモデルのすべての機能に加えて、携帯電話通信機能を内蔵しています。そのため、iPhoneを持っていない時でも、電話をかけたり、受けたり、テキストメッセージを送受信したり、通知を受け取ったり、Apple MusicやApple Podcastをストリーミングで楽しむことができます。

アップル公式HPより引用

つまりセルラーモデルは、特定の通信会社と契約をすることで、iPhoneが近くになくてもApple Watch単体で電話や好きな音楽を自由に聴くことが出来るモデルです。

セルラーモデルのApple Watchで出来ること

Apple Watch単体で電話を受けたり、かけたりできる。

単体で音楽をストリーミング再生できる(Apple Musicなど一部サービスのみ)

オーディブルがApple Watchへダウンロードできる

単体でメッセージやLINEが使用できる

単体で一部のQRコード決済が使える(PayPayやメルペイなど)

セルラーモデルではなくGPSモデルを買うべき理由4つ

サラリーマン

セルラーモデルの方が色々と便利そうだけど、それでもGPSモデルが良いの?

セルラーモデルも素晴らしいモデルですが、それでも私はGPSモデルを買うべきだと思います。

その理由は4つあります。

【理由1】GPSモデル単体でもApple Payが使用できるから

iPhoneが近くになくても、GPSモデル単体でApple Payは使えるんです。

具体的にApple Payに関しては、事前に登録さえ済んでいれば、コンビニでの支払いができたり、Suicaを使用できたりします。

半信半疑だったので、実際に筆者本人が先日試してみることに。

iPhoneは自宅に置いたまま、Apple Watch(GPSモデル)だけを身に付け、コンビニで支払いは出来るのか?

結果、見事にApple Payでしっかりと支払いをすることができました!

特に動作が遅くなるということはなく、今後も近くのコンビニへ行く程度であれば、iPhoneを持たずに行こうかと思います。

GPSモデル単体の場合、PayPayなどのQRコード決済は、iPhoneが手元にないと使うことができませんが、Apple Payは単体で使うことができるので、安心ですね。

【理由2】音楽はApple Watchにダウンロードすることで、再生可能

Apple Musicの有料プランに加入している人限定になりますが、Apple Watchへ事前に曲をダウンロードしておくことで、GPSモデル単体でも再生可能です。

また、ダウンロードできる曲数についても、アップル公式HPには次のように書いてありました。

”Apple Watch Series 5”であれば、容量は32GB(セルラーモデルとGPSモデル)、”Apple Watch Series 3”でも、GPSモデルで8GBあります。(セルラーモデルは16GBあります。)

Apple公式HPより一部引用

上記の通り、ある程度の楽曲数をダウンロードすることはできるので、GPSモデル単体であったとしても、iPhoneを持ち歩かずに、音楽を聴くことができます。

ランニングなどをする際には、iPhoneを持ち歩かなくても音楽が楽しめるので、便利ですよね。(※Bluetoothイヤホンは必須)

ただApple Watchへのダウンロードが対応しているサービスが、”Apple Music”のみとなりますので、注意してください。

わてぃー

早くSpotifyも対応してくれないかぁ・・・(独り言です)

また、AmazonのオーディブルがApple Watchへのダウンロードに対応していることが分かりました!

Apple Watchへダウンロードすることで、GPSモデル単体でもオーディブルの本が聴くことが可能なんです。これでランニング中など、iPhoneが手元になくても読書が楽しめるようになりました

オーディブルの詳しい内容やダウンロードの仕方については、以下の記事でまとめてますので、参考にしてください。

【理由3】普段iPhoneを持ち歩くことがほとんどだから

わてぃー

普段買い物などで出かける際に、iPhoneを自宅に置いたまま出かけることってみなさんは多いですか?

少なくとも僕はiPhone持って、外に出かけることがほとんどです。

スマホって何かを検索したり、ルート探索をしてくれたり、と私たちの生活の必需品みたいな側面があるので、私のようにiPhoneを常に持ち歩いている人がほとんどだと思います。

そうなると、先ほど述べた”セルラーモデルにしかない機能”を使う場面ってどうしても少なくなりますよね。。。

強いてセルラーモデルの機能を使うと想定される場面が、次の2つなのかと。

  1. iPhoneが電池切れになってしまった場合
  2. ランニングをする場合

「1. iPhoneが電池切れになってしまった場合」に関しては、【理由1】でお伝えしたように

Apple Payだけは、GPSモデル単体であったとしても使用可能

買い物など最低限のことはできるので、iPhoneが電池切れになっても安心ですね。

※ただ、GPSモデル単体で、iPhoneが電源オフになってしまうと、電話やLINEの通知は来ないので注意が必要。

また、「2. ランニングをする場合」に関しては、【理由2】でお伝えしたように

事前に Apple Watchにダウンロードしている曲であれば、iPhoneがなくてもGPSモデル単体で再生可能

となるので、こちらも解決できますね。

【理由4】GPSモデルの方が安いから

GPSモデルは、単体での通信機能がない分、セルラーモデルよりも本体価格が安く、月額の通信代がかかることもありません。

実際、 Apple Watch Series 5の場合、次のような料金になっています。

Apple Watch Series 5 シルバーアルミニウムケースとスポーツバンド(40mm)の場合

・GPSモデル    42,800(税抜)円

・セルラーモデル  53,800(税抜)円

Apple公式HPより一部引用

少しでも安く買いたい人にとっては、嬉しいポイントですよね。

後、iPhoneが2年程度で周期的に買い換えるように、 Apple Watchも2〜3年周期で買い換えが発生する可能性があります。

そう考えると、個人的にはGPSの方がコスパ良いと思いますよ。

まとめ

この記事を読んで分かったこと

セルラーモデルのApple Watchで出来ること

それでもGPSモデルをおすすめしたい理由4つ

  • GPSモデル単体でもApple Payが使用できるから
  • 音楽はApple Watchにダウンロードすることで、再生可能
  • 普段iPhoneを持ち歩くことがほとんどだから
  • GPSモデルの方が安いから

ここまでお伝えしてきたように、GPSモデルでも十分に便利で、生活を便利にしてくれます。

もし初めてApple Watchを買う人やどちらのモデルを買うか迷っている方は、この記事を参考していただき、GPSモデルを選択してみてください。

きっと後悔せずに、Apple Watchを使えると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました〜

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

わてぃーのアバター わてぃー 副業ブロガー✖️ラジオパーソナリティー

20代後半のサラリーマンです。平凡なサラリーマンからの脱却を目指して、ブログや音声配信に挑戦しています。
サラリーマンでもできる副業情報やおすすめのガジェットについてご紹介していきますよ

コメント

コメントする

目次
閉じる