【2020年最新版】Apple Watch で出来ることを紹介

どうも!わてぃー(@watalog2020)です!

サラリーマン

・Apple Watchって機能がたくさんあるみたいだけど、結局何ができるの?

という風に悩んでいませんか?

【結論】Apple Watchに出来ることは無限大です!

ただ、機能がたくさんありすぎて、全てを使いこなすことが難しいのも事実。。。

この記事では、私がおすすめするApple Watchで出来ることを一挙にご紹介していきます。

記事の後半には、使用頻度は低いけど、実は便利な機能についても紹介するので、参考にしてくださいね。

この記事を読み終えると、Apple Watchで出来ることが分かるので、Apple Watchの購入を考えている人は要チェックです。

わてぃー

たくさん目次があるので、見たいところに飛んでくださいね!

目次

Apple Watchで出来ること【使用頻度・高め】

Apple Watchで使える機能は、主に次の10個です。

Apple Watchで出来ること
  • 文字盤が変えられる
  • バンドがいつでも交換可能
  • Apple Payで支払いが出来る
  • タイマー・ストップウォッチ機能
  • PayPayが使える
  • LINEの通知が来る、返信が出来る
  • オーディブルが聴ける
  • カレンダーに入れた予定がApple Watch上で確認できる
  • 天気予報が知れる
  • 音楽が聞ける
  • 電話の応答と発信ができる

文字盤が変えられる

Apple Watchは、文字盤の種類がたくさんあるので、自分好みにカスタマイズすることができます。

設定方法も非常に簡単。

iPhone上の「Watch」アプリから文字盤を選んで、追加のボタンを押すだけ。

選択できる文字盤も30種類近くあります。

文字盤は、なんと30種類以上もありますので、毎日違う文字盤を表示させることが可能なんです。

さらに”各文字盤の色”や”どんなアプリを表示させるか”、ということまで細かくカスタマイズ可能。

配色や数字の種類、文字盤に何を配置するかまで選べる

自分だけの文字盤を簡単に作れるのは、Apple Watchの醍醐味なので、一度は体感して欲しいです。

バンドがいつでも交換可能

Apple Watchはいつでもバンドを変えることができます。例えば

  • スポーツする時→シリコン素材のバンドを付ける
  • デートなど出かける時→革素材のバンドを付ける
  • 仕事などビジネスの時→ステンレス素材のバンドを付ける etc

というようにバンドを付け替えることで、あらゆる場面に対応することが可能なんです。

また、こういったバンドは、Apple純正品だけでなく、Amazonでも揃えることができます。

Amazonで買う方が、安価で、種類も豊富にあるので、自分に合うものを見つけることができますよ。

悩んでいる人

バンドの種類がたくさんあって、どのバンドを買えば良いのか分からない・・・

もしこんな風に悩んでいたら、おすすめバンドについてまとめた記事を貼っておくので、参考にしてみてください。

1,000円前後で買えるバンドなので、失敗したくない人は必見です。

Apple Payで支払いが出来る

Apple Watchがあれば、iPhoneを手に持つことなく、Apple Payを使うことが出来るんです。

具体的には、Apple Watch単体でコンビニでお買い物が出来たり、登録したSuicaで電車に乗ったり、といろいろ使えちゃいます。

個人的に、Suicaがとっても便利!

Suicaのカードを財布から取り出したり、iPhoneをかざしたりって結構めんどくさいです。

しかもカバンの奥とかにしまっていると、探すのが手間ですよね。

そういう時にApple Watchがあれば、Suica(カード版)やiPhoneを取り出す動作がなくなるので、スムーズに改札を通過出来るんです。

毎回財布からSuicaを取り出している人は、本当にApple Watchを使ってみると感動しますよ。

ちなみに、iPhoneが手元にない状態iPhoneがバッテリー切れの状態でも、Apple Payは使うことができるので、安心してください。

タイマー・ストップウォッチ機能

普通の時計でも出来る機能になりますが、もちろんApple Watchでも使うことが出来ます。

Apple Watchだと何が便利なのかというと、タイマーの時間やストップウォッチの表示画面を自由に設定出来るところです。

例えば、タイマー機能ではあらかじめセットされている時間の他に、自分で時間を自由に秒単位でセットすることも。

秒単位でタイマーを設定できる
わてぃー

タイマーが終了したら、振動で教えてくれるので、非常にわかりやすいですよ。

また、ストップウォッチに関しては、表示の仕方を「アナログ」、「デジタル」、「ハイブリッド」、「グラフ」の4パターンから選ぶことが可能です。

Apple Watchの画面を長押しすることで、設定画面が出てくる

PayPayが使える

Apple Watchがあれば、iPhoneを出すことなく、PayPayを使うことができます。

Apple Watchの画面上に、PayPayのアプリを表示させることも可能

Apple Watchの画面上にPayPayのアプリを表示させることが可能なので、いつでも使うことが可能。

ただ、PayPayの全機能を使えるわけではないので、注意が必要です。

私が実際に使用してみて分かった、「出来ること」、「出来ないこと」を以下にまとめてみたので、参考にしてください。

Apple Watch版のPayPayで出来ること
  • 残高表示
  • QRコード/バーコードの表示(タップすることで切替可)
  • これまでの使用履歴を10項目まで表示(チャージや使用履歴、還元された金額などが表示されます)
  • マイコードの表示(PayPayの受け取りや割り勘機能を使う時に使用)
Apple Watch版のPayPayで出来ないこと
  • PayPay残高のチャージ
  • スキャン支払い(QRコードを読み込んで支払うタイプ)
  • 詳細な使用履歴
  • PayPay残高の送金

Apple Watchだとスキャン支払いが出来ませんが、そのほかの機能はほとんど使えますので、とても便利です。

LINEの通知が来る、返信が出来る

Apple Watch上でLINEの内容を確認でき、そのまま返信することも可能なんです

困っている人

文字の入力とはどうするの?

わてぃー

ちゃんと文字入力は出来るので、安心してください。入力の方法としては、次の3通りあります。

  • 音声入力する
  • 事前に登録しておいた定型文をタップして返信する(10個まで登録でき、1個につき最大20文字まで)
  • 簡単な絵文字を送る

LINEで同じ文章を送ることって結構ありますよね?

そんな時に、「自分が頻繁に使うと思う文章」を定型文として登録しておけば、返信はApple Watchの画面をタップするだけで済みます。iPhoneを取り出さずに完結できちゃうので、非常に便利ですよ。

定型分で足りない時は、音声でも入力できるので、安心です。

オーディブルが聴ける

Amazonのオーディオブックサービス「オーディブル」が、Apple Watchでも聴けます。

しかもApple Watchにダウンロードも出来るので、iPhoneが手元にない状態でも本を聴くことが出来るんです。

詳しい使い方については、次の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

ちなみにオーディブル は、初回30日間無料です。

カレンダーに入れた予定がApple Watch上で確認できる

iPhoneのカレンダーアプリ上で入力した予定を、Apple Watch上で確認することが出来ます。

Apple Watchから直接入力することは出来ませんが、簡単にスケジュールが確認できるので、便利ですよ。

わてぃー

1日の予定が簡単に確認できちゃうので、オススメです。

天気予報が知れる

Apple Watchの天気アプリから、現在地や世界各地の天気を詳しく知ることが出来ます。

出来ることをまとめると、以下のような感じです。

Apple Watchの天気アプリで分かること
  • 各地のその日の天候・気温・降水確率(1時間ごと)
  • UV指数
  • 風速
  • 週間天気予報(9日後までの天気まで)
  • 世界各地の天気(音声入力で追加可能)

iPhoneを使うことなく、世界各地の天気予報を簡単に確認できます。

音楽が聞ける

Apple MusicやSpotifyなどの音楽配信サービスを、Apple Watchでも楽しむことができます。

楽曲を選曲したり、音量の調節をしたりとApple Watchの画面上から操作できるので、とっても便利!

Apple Watchがあると出来ること〜音楽配信サービス〜
  • 曲の選択
  • 音量の調節
  • 曲の再生・一時停止、曲送り・曲戻し
  • シャッフル再生・リピート再生
  • Apple Watch単体で再生する(Apple Musicのみ対応)など・・・
わてぃー

Apple Watchから音楽は出ないので、Bluetoothイヤホンは必須です!

電話の応答と発信ができる

Apple Watchの画面上から、かかってきた電話に応答する誰かに電話をかけることができます。

Apple Watchの電話アプリで出来ること
  • かかってきた電話を通知して教えてくれる
  • かかってきた電話に応答する
  • 誰かに電話をかける(Apple Watchに話しかけて通話できます)

特に便利なのが、かかってきた電話を通知してくれることです。

わてぃー

普段iPhoneをポケットに入れていると、たまに電話に気づかないことがことがあるんです。。。

こういった場合でも、Apple Watchを付けていれば、絶対に気づきますし、その場ですぐに応答することも出来るので、非常に便利。

最近は電話の通知をミュートにしている方も多いので、そういう方にもオススメです。(Apple Watchの通知は音はならず、振動で知らせてくれます

履歴またはキーパッドから電話をかけることが可能

【番外編】使用頻度は低いけど、おすすめの機能3つ

最後に使用頻度は低いのですが、個人的に便利だと思っている機能を3つご紹介していきます。

iPhoneの場所を教えてくれる

Apple Watchには、自分のiPhoneがどこにあるのかを知らせてくれる機能があります。

右上のスマホマークを押すことで、iPhoneを鳴らしてくれる

家の中でiPhoneがどこにあるか分からない時なかなか見つからない時、Apple WatchがあればiPhoneを鳴らしてくれるので、いざというときに便利です。

iPhoneのカメラのシャッターを押せる

使う頻度は少ないかもしれませんが、Apple Watchの画面上でシャッターを押すことができます。

(※タイマーも3秒までならセット可能。)

撮影する際は、Apple Watchの画面上に被写体が出ますので、iPhoneを手に持つことなく簡単に撮影が可能。

友達と撮影する時、自撮りでかっこいい写真を撮りたい時などにおすすめしたい機能です。

カメラのモード選択や映像の反転もできます。

撮影した写真をそのままApple Watchの文字盤に設定できる

Apple Watchの写真アプリから、写真を長押しすることで、そのまま文字盤を作成することができます。

通常の文字盤は、iPhoneのアプリからしか設定ができないので、Apple Watchから文字盤が作成できちゃうのは、意外と便利なんです。

自分の好きな写真で、オリジナルの文字盤を作れるのは、Apple Watchだけですよ。

Apple Watchで表示した写真を、長押しすることで簡単に設定可能

Apple Watch上で見ることができる写真の範囲については、iPhoneのアプリから簡単に設定できます。

まとめ

Apple Watchで出来ることは、本当にたくさんあります。

この記事を読んで、少しでも自分の生活にプラスになると思ったら、それはApple Watchを買った方が良いサインかもしれません。

ちなみに、Apple Watchには「セルラーモデル」と「GPSモデル」の2種類があり、それぞれで出来ることも変わってきます。

もしどちらを買えば良いか分からない方は、次の記事を参考にしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました〜

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

わてぃーのアバター わてぃー 副業ブロガー✖️ラジオパーソナリティー

20代後半のサラリーマンです。平凡なサラリーマンからの脱却を目指して、ブログや音声配信に挑戦しています。
サラリーマンでもできる副業情報やおすすめのガジェットについてご紹介していきますよ

コメント

コメントする

目次
閉じる